アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2015-07-29

ラジオ体操

先の記事で口うるさくなっているこの夏休みのことを書いたら、かなり冷静に振り返ることができました。

冷静に振り返ったその気持ちを大事に、
まずは朝のラジオ体操のことについて、息子と話し合いました。

というのは日曜日の夜10時まで起きていて、
月曜日の朝は起きるのが大変だったのを本人が自覚していて話し合うのにもちょうどいいタイミングだったのです。

母「今日は9時に寝た方がいいかもよ、今日の朝、起きるの大変だったでしょ?」
子「そうだね」
母「もうラジオ体操にも一人で行けるし、朝は自分で起きてくれるかな?」
子「いいよ」
母「自分で目覚ましセットしてね」
子「分かったよ」
母「息子くんが起きなくてもお母さんは声掛けなくてもいいかな?」
子「いいよ」
母「本当に声を掛けないから自分で起きてね」
子「はーい」 と
私の声掛けは不要で自分で起きるということになりました。

この会話の通り、しつこいくらいに念押ししましたので、後は見守るだけです。

でも、この見守りのが親としては大変だったりするんですよね・・・。

6時に目覚ましは鳴ったものの、なかなか起きてこない・・・
見守ると決めたものの声を掛けようかどうしようかとやっぱり悩む

待つこと10分ようやく起きてきたものの ボーとしてなかなか着替えない・・・
そんなこんなで時間が過ぎ、 「もう出発しないと間に合わないよ」とイライラしてきても、口出し厳禁と心に決めて、見守る。

でも、出発時間ほんの5分前に追い上げて、顔を洗って、着替えて、歯を磨いて、ダッシュでラジオ体操の会場に向かいました。ギリギリ間に合ったかな?それは不明だけれど、とにかく、ラジオ体操の出席印はもらえました。

課題の分離だけれど、心から分離していないから、イライラ、ソワソワしながらの見守り。
このイライラとソワソワが耐えられなくて、どうしても声を掛けてしまうんだよね。そこを乗り越えないと。

0 件のコメント:

コメントを投稿