アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2015-11-26

「予定通り」という私的感覚

私は「もったいない」という私的感覚を持っているんだろうな~と気付いたのと同時に
私は「予定通り」という私的感覚を持っているんだろうな~ということにも気付きました。

私は私が予定、予測、予想することでないことが起きるとどうも陰性感情が起きるようです。
先の予定を立てたいし、その予定通りに過ごしたいという気持ちが大きいように思います。
予測していないことが起きるかもしれないことにワクワクする!という気持ちはこれっぽちもないようです。


でも、子育ては予測不可能で・・・
子どもには子どもなりの想いがあって、それが私の予定、予測、予想には合わないことなんて日常茶飯事です。

だからこそ陰性感情が湧くわけですが、予定通り過ごす=規則正しい生活を心掛けることで自分なりにアドラー心理学に出会う前から陰性感情に対応してきたのかな~と思い記事にすることにします。


1人目が生まれてから、2歳差の2人目が昼寝をせずに日中過ごせるようになるまでの約5年間は

午前中に用事を済ませて
12時前後には帰宅して昼寝
再びの用事は昼寝を済ませた後で、
夜ごはん、お風呂で21時に寝る

という生活を平日、週末関係なくできる限り守ってきました。
家で昼寝をするために、買い物も10時開店を目指して行動しましたし、車の中で寝てしまわないようにと必死に起こしていたり、外食をするのは昼で、夜は家でご飯を食べて、過ごしてきました。

ダンナも私も昼寝がインドア派で昼寝大好き。幸い子どもと一緒に昼寝した後に幸福を感じる!!!という感覚を持ち合わせているので、「昼寝をする!」という共通感覚を持って、我が家は平日も週末も過ごせることができました。
(子どもたちが昼寝をしなくなった今はこの感覚がダンナと私の摩擦となってはいますが・・・)

規則正しい生活をすることで、子どもの行動パターンも予測できるようになり、
言葉では表現できない年齢でも、眠たい愚図りなのか、お腹が空いた愚図りなのかくらいの予測は当たることが多く、そんな風にして陰性感情に自分なりに対応してきたのかな~と思っています。


子どもたちの自分の生活ができてきた今は

遊びから帰った息子に

母「今日のこれからの予定は?」
子「5時半から宿題をして、ごはんとお風呂に入って7時からテレビみるつもりだよ」
と予定を確認するようにしています。

それでも、予定はあくまで予定で変更になることも予想できるようになっているので、5時半に宿題をしていなかったら声を掛けたり、再度、予定を聞き直したりしながら、大原則である20時頃には寝るという「予定通り」という私的感覚を刺激しない対処方法をいろいろと子どもと相談しながら行動しています。



さて、この記事を書いている今日は久しぶりに3時過ぎの娘(年中)の迎え以外に何も予定がありません。「予定通り」という私的感覚を持っていますが、予定がないこういう日は言い換えれば何でもOKという予定なので、これから何をしようかな~と思いつつ、結局、昼寝をしてしまう気がします。

昼寝をしたら時間がもったいないVS昼寝の後に感じる満足感には、満足感に軍配が上がる私
。先に書いた「もったいない」という私的感覚も本当に個々の裁量なんだな~と改めて思い、私の裁量で決めずに子どもの「もったいない」感覚をも聞いてみて相談してみようと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿