アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2015-12-24

不適切な行動の中にある適切な行動

「どうしたら気持ちよく時間に間に合うように出発できるか? 再び」は解決しないまま2学期が終わりそうです。

見守ろうと決めた矢先に、遊んでお茶をこぼす(*1)という・・・
これを見守り勇気づけられるほど私はまだ成長しておらず、

娘に限らず、息子の不適切な行動にも目がいき、

バンと爆発してはすぐに冷静になれるはずの私が、ここ数日は、陰性感情をずっとくすぶらせて過ごしておりました。その間は、正直なところ、「アドラー育児、無理だわ・・・」と諦めてしまいたくなっておりました。

そんなこんなで、陰性感情をもって子どもたちと接していたわけですが、
怒りでもって伝える言葉は何も伝わらないことだけは分かりました。

子どもたちは「お母さんが怒っているから」としか理解しないわけで、
本来、伝えたい大きな共同体感覚はこれっぽっちも伝わっていないのよね。

やっぱりダメだと気が付いて、やはりアドラーで勇気づけていきたいと思いました。

休みに入れば、子どもたちとの時間も増える分、様々な感情を持って、私は色々と行動するのだろうけれど、

新しい年を家族で迎えられる喜びを持って、
不適切な行動にも適切な行動を見つけられるよう、何はさておき何がおきてもまずは「よかった」と思うと心に決めて、次に何が「よかった」かを見つけるようにして、冬休みを過ごしてみようかな~と思います。


ということで、どうしたら気持ちよく時間に間に合うように出発できるか? 再び は3学期に持ち越しです。



*1
遊んでお茶をこぼした後、娘は自分で掃除をしておりました。
でも、陰性感情が消えなかったのでね、その時はその適切な行動に声を掛けてあげられなかったんですよね。私は陰性感情を使って何をしたかったんでしょうね・・・大反省しています。



0 件のコメント:

コメントを投稿