アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2016-02-13

アドラー『人生の意味の心理学』- 100分 de 名著

2016年2月の100分de名著はアドラー心理学
録画してまとめて2回分見ました。

アドラー心理学での子育てに出会って4年目、子育て中心の話でしたので、この2回分のお話も新鮮な気持ちで視ることができました。

実は「嫌われる勇気」もまだ読んでなかったりします。
本は図書館で借りて、本当に必要な本だけを手持ちにしたいと思っているのですが、「嫌われる勇気」の予約数の多いこと、多いこと。その予約数の数に圧倒されて、予約さえもしていないのですから、読むのはいつになるやら?

さて、アドラー『人生の意味の心理学』- 100分 de 名著での伊集院さんのコメントに、学んだころの自分を見ているようで、うなずきながら視ています。

「劣等感」を持ちながら生きておりますが、それを克服するのに私からすればとてつもない努力と思えるようなものはしない(と決めている)ことも分かり始めているので、「ありのまま」の自分を受け入れられるようになりました。その反面、少しの勇気は持ち合わせているので、やってみようと思うことはひょいと始めることもあります。

アドラー心理学を学び始めたのも、
たまたま街の市民講座の案内を見たのがきっかけで、
「おもしろうそう!行ってみよう!」と申込み、
「もっと深く知りたいな!そうだ、自助グループに参加しよう!」と代表の方にメールを送る
こういう行動には躊躇なく進みます。

もちろんもっと深い対人関係が必要なときは「相手はどう思うだろう?」ということに思い悩んで、結局、行動しないこともありますが、そういう風に思い悩むことに疲れるくらいなら、ならば一人で行動しよう!と決めることもあったりします。
(この行動についてはたまたま見た【再放送】心と脳の白熱教室の第3回「あなたの中のサイコパス」で興味深く、ひも解いてくれてました。ストレス回避できる術なんだそうです。)


今の状況を変えたいと思っていても、動けない、動かないと色々理由をつけるのではなく、
動かないと決めているのは私という主体性というものの考えをすると、違った考えにも出会えたりしますね。時々、自分を見つめ直したり、自助グループで掘り下げてもらったりして出会う自分自身や考えに、「ハッ」とさせられて、嬉しいような恥ずかしいようなイヤではないけれど何とも言えない気持ち(勇気を持てば変えられるのだけれど、それを変えないのは自分自身でしょ?と突きつけられる感じ?)になることもあるけれど、それから学ぶことはいっぱいあります。

比較的すんなりとアドラー心理学の考えが私の中にすとんと落ちるには、たらればで後悔を踏んだ上で、「行動しなければ何も変わらない」、「ま、とにかくやってみるか」という考えを学んで、そして行動に移した経験や周りの行動力のある友達の影響など、過去があってこそだと思うところもあります。だからこそ、子どもたちにも苦い思いや悔しい気持ち、これらの経験をしてほしいと思っています。


第3回目は2月17日(水)午後10:00~ Eテレ
「課題の分離」を取り上げられるみたいです。
アドラー心理学で学んだ「課題の分離」は私の中で、特に子育てにおいて、色々な考えを変えてくれました。それを岸見氏が指南される、興味深いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿