アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2016-08-28

夏休み終わり

夏休みが終わります。
先日の登校日に宿題の提出を済ませたので、子どもも親の私も一段落しました。

アドラー心理学の子育てという観点から私の最難関でした「夏休みの工作」子どもの気持ちを進めながら一緒に頑張ったものの、経験値の違いからの気持ちのすれ違いが多々ありました。


「サッカー盤をドームにしたい(オリンピックの影響)」「点数表を作らないと」と、まだサッカー選手も、ゴールも設置されていない、サッカー場だけの状態でも夢が膨らむ息子。その気持ちを大事にしたいものの、「期日が迫っているのに、今、それを言いますか?」と陰性感情の私。「とにかく作らないと」「のんびりしていたら間に合うわない」「さっさと動く」と陰性感情、それも-4、-5の気持ちのまま進めた結果になりました。


気持ちの違いを、陰性感情を使わずに、伝えればよかったのかも、技術的に親の手助けありきの息子の夏休み工作計画で「手伝って」との依頼を最初に受けたからのお手伝いでしたが、どこかで課題の分離で、息子にもう少し主体性を持ってもらうようにすればよかったのかも、と色々と反省しております。

私はこの工作から「自分で考えて、自分で動く」を息子に学んでほしかったということを、今、改めて考えました。

2年生の息子、計画を立てて自分で動くには、まだ経験値が浅く、実際に2、3日一所懸命に頑張らないと作れない工作を1日で完成できると思っていたりするところを私の経験を伝え、息子の「さ、やろう!」の言葉を待っていたらよかったのかもしれません。

課題の分離、結末を経験する、色々な方法で息子は夏休みの工作から学ぶことがあったけれど、結局のところ、課題を間に合せたい私が、課題に介入した夏休みの工作になりました。間に合わなくて、眠たく機嫌が悪く、泣きながら、工作する姿ばかりを想像してしまって、見守る勇気を持てませんでしたね・・・。

ただ、自己評価として+を付けてもいいとすると、-4、-5の陰性感情を息子を操作したことについては、一段落してから謝りました。
「もう少し丁寧に、ちゃんと説明したらよかったね、息子くんなら分かってくれただろうに、ごめんなさい」と。
こんな陰性感情を持って操作した私を息子は許してくれました、ありがとう。

来年は、工作から息子に学んでほしいことをちゃんと定めておこう。
そうすれば、自ずと分かるだろうか、親の私がすべきことが。

0 件のコメント:

コメントを投稿