アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2017-03-28

新学年に向けての準備ー途中経過 その1

春休み最初の週末は、私の実家へと遊びに行きました。
その後、私は仕事があるので、一足先に帰り、子どもたちは数日、おばあちゃんにお世話になります。

その一足先に帰るときに、「ちゃんと宿題を済ませておきね」と口に出しそうになったのを、グッと飲み込めました。

「声掛け」を6回することをお願いされているので、
声掛けはいいんだけれど、「ちゃんと宿題を済ませておきね」の言い方は

<子育ての心理面の目標>
1)私は能力がある。
2)人々は私の仲間だ。

の目標を達成している声掛けではないように思っていて、
どういう声掛けをするのがいいのかを私なりに考えておこうと思います。

とにかく3月に声掛けせずに見守ることにします。

買い物に行かなければならないので、仕事が休みの4月5日に第1回目の声掛けにしようかな。
こういう風に具体的に日程を決めておくと、自分自身の覚悟もより強くなれる気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿